ご縁紡ぎ大学@東京 2期 無事終了しました!

Posted on 6月 14th, 2016 by 成田大祐

 

2016年1月9日から始まった

中村文昭と学ぶ「ご縁紡ぎ大学@東京」の第2期。

 

たくさんのご協力くださった皆さんのお陰で、

先日の6月11日に無事終了式を迎えました。

 

>ご縁紡ぎ大学とは

http://www.kurofunet.com/goentsumugi/

 

13432325_795127873954725_1633990468469754511_n

 

今回はあっという間の5ヶ月でした。

参加者の皆さん、思い思いの5ヶ月だったのではないでしょうか。

 

めっちゃ良かった!本当に有難う!と思えた方もいれば、

もう少しこうだったら、、、と思った方もいたことでしょう。

 

全てがその時その時に意味がある事だろうなと思いつつ、

主催者として、どこまで参加者のみんなに満足してもらえる場を提供出来たのか

自問自答しつつも、ひとまず一段落しました。

ほ〜っ

 

 

耕せにっぽんの東野さんから

成田さんは何のために、ご縁紡ぎ大学を主催するのですか?」と、

第五講義の前日に聞かれました。

 

人と人の繋がりを作って喜んでもらうため

という言葉がすぐ出てきたのですが、東野さんからの問に応えるうちに、

もっと根本のところにたどり着きました。

 

それは

中村文昭師匠に出逢って良かった!と思う人が一人でも増えたらいいな

でした。

 

僕が30歳の時に、人生の方向に迷い、落ち込んだ時に、

師匠の「お金でなく人のご縁ででっかく生きろ」という本に出逢って人生が変わりました。

 

日本中で師匠に出逢って人生が変わったり、

影響を受けた友人が僕の周りにはたくさんいます。

 

みらいロケット」というボランティア団体を始めるきっかけになったのも、

そもそもが「師匠の講演を一人でも多くの方に聞いてもらいたい」がきっかけでした。

 

ああ、ここに僕の原点があったんだ、

と東野さんに引き出してもらったのです。

 

今回の2期に参加した方たちが

師匠に出逢って、たくさんの仲間に出逢い、

たくさんの学びをし、共に時間を過ごし、

これからの人生のプラスにしてもらえたら、

ただただ嬉しい限りです。

 

東野さんから「成田さん、3期やりますよね

と、何度も言われました。

継続する事は力である。とても大事なことだと、

耕せを通して体験した事を、切に言ってもらいました。

 

ご縁紡ぎ大学を主催するには、断固たる決意、時間、気持ちが必要です。

家族との時間を削って、外に出て行かないと成り立たないです。

どうすれば、それらをクリア出来るのか、

今度は益々やり方を考えないとなりません。

 

ただ、僕のお役目なんだろうなぁと思う部分もやっぱりあって、

3期やります!

と修了式で宣言しました。

 

宣言しただけで、スケジュールは全くの未定。

やっても1年後にスタートくらいかなーと思います。

 

色んな選択肢も考えつつ、東京校の紡ぎや、全国の紡ぎやご縁塾の人が繋がる

そんな機会を提供出来ればと考える次第です。

 

あ、既に参加したいよーって人がいたり、

紹介したい友達がいたら、今すぐ僕までメールしてくださいね。

info@td3win.com

 

 

さてさて、今回の卒業パーティで、2期の皆さんが、

私や1期のメンバーへの感謝の映像を作ってくれました。

 

めっちゃ嬉しかったし涙出ました。

なんか、これだけでもやって良かったなぁって思います。

 

 

2期のなかじーこと「中島さん」が作ってくれたのですが、

まー、見事。

めっちゃ上手!このシナリオや手法は今度パクらせてもらおうって思いました(笑)

 

ちなみに、うちの家族とも見たのですが、

5歳と2歳の息子たちは、私の写真が出るたびに

「パパ!パパ!パパ!」と連呼。

 

そして5:09に東野さんが出てきた時に

「ネコ!」「ネコ!」

に最高に吹きましたw

 

最後に

講師でいらしてくださった中村文昭師匠

山下ビリーさん、案ちゃん、中村典義さん

北海道から来てくれた耕せにっぽんの東野さん、マリちゃん

クロフネカンパニーのヒデトやウォーリー、

卒業証書を作ってくれた文字職人の杉浦誠司さん、

ご縁塾から手伝ってくれた皆、ご縁紡ぎ1期の皆、

そして参加してくれた2期の皆や、繋いでくださった多くの方、

振替受講を受けてくれたり、他校から来てくださった皆さん。

大勢の関係者の皆さんのお陰で無事終了致しました。

 

本当にありがとうございました。

ご縁紡ぎ大学@東京3期の際には、またよろしくお願いします。

Tags: , , , ,

Categories: 中村文昭

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です