Archive for 10月, 2012

  1. 中村文昭さん ご縁塾 熱組。第二セッション@北海道(二日目後編)

    Posted on 10月 14th, 2012 by 成田大祐

    【二日目後半】

    二日目の前半のブログに続いて、後編です。

    東野さんの講義の後は、総集編として中村文昭さんのお話しで「ご縁塾第二セッション@北海道」が一先ず終了です。

     

    文昭さんを知らずにご縁塾に飛び込んできた「あっこ」は強者です。

     

    文昭さんから、皆が取り組む「全力宣言」をアウトプットしてみたらどうだろうかと話があり、

    皆が思い思いの「全力宣言」を宣言。

    自分がやった事が無い事へのチャレンジだったり、今目の前で出来る事でも構わない。

    ここ数ヶ月で「何か自分が本気で取り組む事」を決めるのが第一セッションからのお約束。

     

    色んな人が全力宣言をする中で、中々自分の全力宣言を出せずにいました。

    初回が終わってからも「何をしようか、何を実行しようか、何を宣言しようか」非常に悩んで書けずにいました。

     

    そんな中、このご縁塾で私がすっかり惚れてしまった男気の塊フランキー

    ダイエットで2ヶ月で20kg痩せる宣言」に便乗し、僕もダイエット宣言をしました。

     

    【全力宣言】81kg→11月末に75kg(-6kg) 年末までに70kg。

     

    ※ブログを書いている10/14時点で75kg(約一ヶ月で-6kg達成!!)になりました!

    予定を一ヶ月半は前倒し出来ているので、年末までに70kgは射程距離です。

     

    今回のご縁塾では、全国からアッツイ60名近くの見ず知らずの人間達が、

    この短い時間の中で、深い繋がりをし、お互いを応援しあって、反応しあい、

    とても大切な絆や仲間となるきっかけとなりました。

     

    そして二日目は昼間で一旦終了。

    日程的に帰ってしまう人達と、残って耕せにっぽん!の収穫祭に参加+夜のBBQ大会に残る組で分かれました。

     

    お昼にはまたもや登場!あまーーーーーいトウモロコシ!本当に美味し過ぎ!!

     

    お昼休憩しながら、今回北海道に来れなかった水田ひろちゃんの為に、皆で折り鶴を作ったりしつつ、

    稲刈り体験する組は文昭さんの運転でバンに揺られて田んぼへレッツゴー!

    文昭さんの運転とナビゲーションのもと、バンの中は完全に密入国な雰囲気です♪

     

    実るほど頭(こうべ)を垂れる稲穂かな

     

    こんな感じで稲を刈った後は、結んで軽トラまで運んで行きました。

    うえぽんは写真撮影も頑張ってくれました!

     

    わずか2時間ほどでしたが、泥んこになりながらもキレイサッパリ!

     

    耕せにっぽん!の宿舎まで戻ってきた時に、

    泥んこだったので文昭さんにホースで水をかけてもらい、

    びしょびしょの中でこんなショットがw

    明らかに何か一枚殻を脱ぎ捨てた瞬間でした(笑)

    稲刈りから帰ってきたら、なんとも素晴らしい千羽鶴が完成していました!

    みんな凄いよ!


    そして、夜のBBQ会場に移動して宴会開始!!

    山さんのエリンギがめっちゃ美味しかった!!

    文昭さんも大盛り上がり!

    東野さんはホワイティとして、皆を全力でおもてなし!

    東野さんの奥様とチビッコも多いに盛り上げてくれました!流石です。

    カラオケ大会は大盛り上がり!

    そんなこんなで14日(前入り)、15日(初日)、16日(二日目)と、

    全力で走って、睡眠時間もちょっとながら、たくさんの仲間と貴重な貴重な時間を過ごし、

    大切な学びをし、笑って泣いて、飲んで歌って、

    素晴らしい体験を共有した、本当に濃密なご縁塾@北海道でした。

     

     

    【ご縁塾に参加して】

    中村文昭さんのご縁塾第三期熱組」に参加させていただき思った事。

     

    今回、全国にたくさんの方との縁が生まれ、

    本気の全力で前を向いてる人達から、とても強い刺激を受けて反応する自分がいました。

     

    そして今回のご縁塾に参加して、とても「いのち」にまつわる話がたくさん出てきました。

    フランキーのお父さんの突然の訃報。

    塾生同期、長崎の山さんの癌の発覚。

    塾生同期、水田ひろちゃんの入院。

    塾生同期、立川亜美さんの突然の交通事故による逝去。

    塾生同期、吉満さんのご懐妊からの11月に出産。

    塾生同期、杉島さんのご家族の友人の「ひろきくん」の心臓の病気。

     

    よくも次から次へとこういった事が起こるなと。

    でもこれは僕ら熱組のメンバーに課せられた何かメッセージなのでしょう。

    このメッセージを僕らは受け止めて、活かしていかなければならないと思います。

     

    亡くなった亜美さんが残した言葉。

    新しい一日、誰かの幸せのために役立てますように。

    本当に僕ら一人一人が誰かの幸せの役に立てる人生を過ごせればと。。

     

    中村文昭さんが僕らに言いました。

    人間にはどんな人にも必ず決まって待っている事がある。

    それは【別れ】や。

    いつか必ず来る「別れ」を意識しておく事。それを念頭に置いて後悔の無いように大切に生きる事。

    目の前の人と分つ時が来る事も覚悟して過ごすと、その目の前の人を心から大事に出来るよな。

     

    本当にそうですよね。

    いつもが「あたり前に」なってしまうと、感謝の念が薄れてしまいます。

    全ての事に感謝して「ありがとう」を伝えよう。

     

    一日を迎える事が出来た「幸せ」「ありがたさ」を感謝して、日々全力で生きて行きたい。

    ご縁塾で学び、そう思える事が改めて出来た。

     

    そう生きてる連中がたくさんいる場所。

    それがご縁塾なのだな。

     

    亡くなられた亜美さんの言葉を借りますが、

    自分のいのちが続く限り

    新しい一日、誰かの幸せのために役立てますように。

    そんな人生を過ごして行きたい、そう思います。

     

    長文、最後まで目を通していただきありがとうございます。

    これにてご縁塾@北海道編のブログ終了です。

     

    ホームページ制作・コンサルティング
    株式会社トリプルダブル 成田大祐

     

  2. 中村文昭さん ご縁塾 熱組。第二セッション@北海道(二日目前半)

    Posted on 10月 14th, 2012 by 成田大祐

    【ご縁塾 第二セッション 二日目】

    夜遅くまで飲んだり騒いだりしつつ、夜中の2時にはなんとか就寝。

    (まだ起きてる人もたくさんいましたが)

    皆で朝の4時に起床して、「耕せにっぽん」の収穫体験として、

    とうもろこしの収穫をしてきました。

     

    とうもろこしは深夜3〜4時に収穫すると、一番美味しい状態になるそうです。

    耕せにっぽんでは、美味しい状態で収穫して発送しています。

    朝5時くらいの耕せにっぽんのスイッチオンハウス!とポール♪

     

    小雨の降る中、文昭さんと東野さんの音頭でいざ収穫体験!

     

    生で食べれる無農薬とうもろこし!!この粒の張りを見て下さい!

    生で食べても超甘いんです!めちゃ美味です!!!

    そして1人3本のとうもろこしを各自で収穫して、じゃがいもと一緒に自宅に送らせてもらいました!

     

     

    【耕せにっぽん 東野さんの講義】

    収穫の後は、耕せにっぽんの代表、東野さんの講義

    耕せにっぽん!の今までの事や、

    東野さんの奥様がご病気で倒れた時の事、

    ユーモアと真面目さが同居している東野さんの話にすっかり惹き込まれ、

    涙涙でお話しを聞かせていただきました。

     

    特に、真理ちゃんとの出逢いが印象的でした。

    真理ちゃんと耕せにっぽん!について、ご縁塾の3期生の比田井美恵先生のブログから下記部分を抜粋させていただきました。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    文昭さんは、以前、講演会で、こんな風に「耕せにっぽん」のことを話してくださいました。

     

    耕せにっぽん」には、不登校や引きこもり、リストカッターと言われるような子たちが集まっています。

    彼らの食事などのお世話は、まりちゃんにお願いしました。

    一緒に住み込みで食事の世話をしてくれています。

     

    まりちゃんの料理の味はピカイチ。

    それは、お母さんからの教えをちゃんと守っているからなんです。

     

    まりちゃんは、先天性の脳性麻痺で生まれました。

    手足も自由に動かせず、言葉もうまく話せず、小学5年生でやっとハイハイができるような状態。

    お医者さんからは「この子は、20歳まで生きられないだろう」と言われていたそうです。

     

    でも、まりちゃんのお母さんがえらかった。

    「何としてもこの子を生かし続ける」という思いで必死でした。

    まりちゃんのお母さんは、「食べ物が体を作る」と考えて、徹底的に食事を改善したそうです。

    化学調味料や添加物を使わず、すべて手作り。

     

    その結果、まりちゃんは今はもう50歳を超えているのですが、元気に生きています。

    未だに身体は自由に動かなくて、鍋の蓋一つ開けるのにも時間がかかる。

    野菜を切るのにも一苦労。

     

    だから、毎日、何時間もかけて全員分の食事を、一日三度、全部作っています。

    朝早くに起きて朝食を作り、みんなが食べて片づけが終わったらすぐに昼食の準備にとりかかる。

    昼食を食べ終わって片付けたら、今度はすぐに夕食の準備。

    一日中、ずっと料理をしているんですね。

     

    そんな彼女が一生懸命料理を作ってくれるから、耕せにっぽんの若者たちも、

    自然と「何か手伝おう」という気持ちが湧いてくるんです。

     

    料理の手伝いや片付けも、何も言わなくても自主的にするようになります。

    まりちゃんの姿を見たら、誰もわがままを言わなくなります。

    ご飯も一粒も残さないし、好き嫌いも言いません。

     

    それまで「うちの息子、小食なんです」なんて言われていたような子が、モリモリ食べます。

    まりちゃんは上手く言葉が出てこないからみんな心と心を通い合わせようとするんです。

    自分の内から湧いてくる気持ち、耕せにっぽん活動ではそれを一番大事にしているんです。

     

    朝食前には、耕せにっぽんの責任者、東野さんから、耕せにっぽんのお話がありました。

    まりちゃんは、一番の先生。まりちゃんの姿を見ていたら、誰も言い訳ができない

    何も言わずに、 懸命に生きる彼女の姿そのものが 一番の先生なのだと。

     

    まりちゃんに料理の心を教えてくれた まりちゃんのお母さんはもう前に亡くなっています。

    まりちゃんはとても後悔していることがあります。

     

    それは、お母さんに 「こんな病気でこんな体だと分かった時に、

    首を絞めて殺してくれたらよかったのに!」 と、言ってしまったこと…。

     

    大分が地元のまりちゃんは、お母さんのお墓に何度も通い、

    こんな体の自分でも人の役に立てるなら、北海道の土になろう。」 と、

    心を決めて50歳を前に「耕せにっぽん」に来てくれたそうです。

     

    東野さんの説明の中で映し出されたまりちゃんの言葉…。

    若い子達には できるだけ安全な食べ物を 食べさせるようにして 手作りしています。

     

    皆が将来 親になったとき 生まれてくる子供が 私のような 体で生まれてきたら 可哀そうだから、

    世の中や 親を恨まず ちゃんと恋もして 社会の役に立つ 大人になってもらいたいから…

    今は この体で 皆の役にたてて とても幸せです。

    そして 生んで育ててくれた 天国の親に感謝してます。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    僕は東野さんのお話しの時、まりちゃんの事、奥様の病気で倒れた事を聴いて、

    涙がドボドボこぼれてきました。

     

    今回出逢った耕せにっぽん!のメンバーの皆が口を揃えて、

    真理ちゃんとの出逢いによって、人生で大切な事を教えてもらっている」と言っていました。

     

    人生は、本当に人との出逢いで、たくさんの学びや気付きをいただくのだなぁと改めて思いつつ、

    僕が出来る事、もっと全力で頑張りたい。そう素直に思える素敵な出逢いをいただきました。

     

    東野さん、真理ちゃん、耕せにっぽんのみんな!関係者の皆様、

    本当に美味しいご飯と時間をありがとうございました!!感謝×100です。

     

    二日目後半へ続く

     

    ホームページ制作・コンサルティング
    株式会社トリプルダブル 成田大祐

  3. 中村文昭さん ご縁塾 熱組。第二セッション@北海道(初日後編)

    Posted on 10月 8th, 2012 by 成田大祐

    【耕せにっぽん!に移動】

    講義が終了後は、皆でバスに乗り込み「耕せにっぽん!」に移動。

    中村文昭さんがバスガイドとなり、皆でワイワイ♪

    耕せにっぽん!のメンバーがお出迎え!

    宿舎に到着後文昭さんの音頭で夕食!

    激美味!!真理ちゃんお手製北海道の無農薬野菜満点のスープカレー!!

    真理ちゃんと記念撮影!

    夕食後は皆でカラオケ大会!

    妊娠7〜8ヶ月の吉満さんの「タイガ~&ドラゴン」

    妊婦の動きじゃないww

    耕せにっぽん!の代表を努める東野さん

    持ち歌がまさかの「タイガ~&ドラゴン」ww

    吉満さんと被ったけど、連続して歌って踊りましたw

    脱いじゃったw

    そんなこんなで、翌日はam4:00起床にも関わらず宴会は盛り上がっていきました。

    男性陣はこの公民館のような施設に布団をひいて50人くらいで雑魚寝。

    中学生の部活の合宿のような体験をしましたが、最高の仲間達とお腹がよじれるくらい笑った素敵な日になりました。

    眠りにつく中2時間後に起床の翌日へ続く(≧∇≦)

    ホームページ制作・コンサルティング
    株式会社トリプルダブル 成田大祐

  4. 中村文昭さん ご縁塾 熱組。第二セッション@北海道(初日)

    Posted on 10月 8th, 2012 by 成田大祐

    【中村文昭さん ご縁塾@北海道 初日】

    前日入りしていた北海道。

    本来であれば新千歳空港のロビーに集合だったのですが、

    文昭さんとの話の中で、会場となるホテルに直接行けばいい事になりちょっと早めに会場のホテルに到着。

     

    ロビーには、中村文昭さんマネージャーの案ちゃんが、軽い打合せ中。

    東京で開催される文昭さんの「ワンピースから学ぶ人間力in東京」についての、

    話を一緒にしたりしていると、文昭さんから

    なりちゃんって、常に前向きだよね。どんな時に自分が変わるイノベーションが起こった?

    という質問がありました。

     

    今回のご縁塾のキーワードは「殻を破る」だったので、話を聞いてみようと思ったそうです。

     

    僕の

    自分が変わらなければならない出来事、変わりたい!と思ったきっかけ

    「中村文昭さんとの出逢い」「たくさんの大切な方達との出逢い」

    「大きく影響を受けて自分が変わって行った事」

    などを話をさせていただいたのですが、

    後の文昭さんの講義の時間に、僕から聞いた話を皆に話してくださいました。

     

    改めて思ったのは、文昭さんは人の話を聞いて、それをすぐにアウトプットするのが、

    本当に上手です。「聞く力、それを変換して出力する」これが抜群です。

    この部分、本当に見習いたいのです。

     

    【仲間が合流】

    さて、新千歳空港に到着した全国から集まった熱い仲間もホテルに合流して、再会を祝しました。

    先にホテル到着組が皆をお出迎え。

    全国から北海道に直接集まってきたご縁塾3期メンバー

     

    半端ないムードメーカーのひでちゃん。この人自衛隊で戦車に乗ってますw

    新千歳空港でこの格好に着替えてきたそうです。あだ名はバズーカ

     

    文昭さんの講義!今回のテーマは「殻を破る

     

    【文昭さんの講義よりメモ】

    文昭さんの講義から、メモした事を記しておきます。

    ——————————————————————————————————

    ・まずはチャレンジする事!

    チャレンジすれば、過去に何回かやってるから、次にやる時にはたいした事ではなくなる。

    自分を改革していけばいい

     

    ・出来ない理由を考えないでやっていく人間になった。

    「その通りやなーっ」て素直に言ったところから、全てが始まった!!!

     

    ・与えるとは「持ってる事を与える事」

    もらう事を考えてると殻は破れない。与えることが大事。

     

    夫婦の場合、やってもらおうと思ってるとケンカが増える

    与えあえるとケンカはしない(ここ重要。自分頑張ります!

     

    ■中村家家訓

    ・ごめんなさい 人のせいにする前にスキッと謝れ

    ・ありがとう  なにも考えずにいえるようになっとけ

    ・やってみます 「先生!俺、やってみます!」と一番に言えれば、周りの人間が引っ張られていく

    否定的なことを言う人の前にやってみる。

    動かないと何も始まらない。

     

    ・ちょっとアホになる!から凄い変わる!

    ・人と比べて自分は出来ていないなんて関係ない

     

    ・殻を破っても破っても殻は出て来るが、

    それを楽しめるようになると、本当に変わっていく。

    超えていく事を楽しんでいく事が自分の自己改革。

     

    ・必要な事は、励ましあう事。

     

    ・目の前の起こる事は学びである。全部受け止める。

     

    ・一歩踏み出しても、もう一歩が過去に繋がっていて戻ってしまう。

    二歩踏み出す事が大事!

    二歩踏み出せば、過去と決別出来る。

    二歩まで見届けてあげる。

    まだ動ける事あるだろ!俺は知ってるぜ!

    と手伝ってあげる。

     

    ・今後たくさん色んな方に逢うでしょう。

    そういった相手を否定的にとるのではなく、

    「この人に成長させてもらえる!」と感謝する。

    「また学びを持ってきてくれたね。」と思う。

    人を変えるのではない、自分が変わればいいのだ。

     

    ・セルフイノベーションとは

    「いいと思う方に自分を向けていけばいいのだ。」

    攻撃、人を責めるからは何も生まれない。

     

    ・自然=おのずと しかるべき

    おのずと 自分から 然るべき事を 引き寄せる

    受け止める気持ちの問題

     ネガティブを発するのか、ポジティブを発するのか

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    30歳を超えてから文昭さんの話を聞き続けていますが、

    本当に温かい人だなぁと心から思っています。

    人の悪口を言わず、「どう捉えたらその人が輝くか」常にその角度で考えているところ、

    こんなところに惚れてしまうのだなぁと。

     

    【もらう事を考えてると殻は破れない。与えることが大事。】

    中でもここがとても大事だなーと思っています。

    どうしても相手に「これをして欲しい!」と願うと、

    相手がそう動いてくれないときに

    なんでこれやってくれないんだ!私はこんなにやってるのに

    と不満を感じて、イライラしたり相手の事を悪く思ったりしてしまいます。

     

    「相手にして欲しい」と思うのではなく「では、相手にしてあげられる事は?」と

    捉え直したり、言い方を少し変えて、まずは相手の事を受け止めた上で伝えてみると、

    随分環境が変わって来ると思います。

     

    「求める」→「与える」

    仕事も、プライベートも、全て一緒だなぁと。

    人を責めず、受け入れて、感謝して、自分から環境を作る。

    これを実践しているだけで、人生はどんどん前に進んでいくように思います。

    与えあえる「家族」「仲間」「仕事」「社会」としていければと思うばかりです。

     

    長くなってしまったので、「初日後編」に続く。

    最後まで目を通していただき、ありがとうございます。感謝!

     

    ホームページ制作・コンサルティング

    株式会社トリプルダブル 成田大祐

  5. 中村文昭さん ご縁塾 熱組。第二セッション@北海道に参加してきました(前入り日)

    Posted on 10月 8th, 2012 by 成田大祐

    【ご縁塾 第二セッション】

    今年、意を決して参加した中村文昭さんのご縁塾。

    日を追う毎に「参加して本当に良かった。」と心から思う日々です。

     

    第二回のセッション(2012年9月15,16日)はなんと、北海道に現地集合、現地解散。

    今回は飛行機の都合上、前日の14日から北海道入りしてきました。

    高校生の頃に行った修学旅行以来の北海道です。

     

    13日に君津でFacebookセミナーの講師をさせていただいた後、懇親会にも呼んでいただき、

    君津に宿泊させていただきました。

    14日に我が家に急ぎ戻り、荷物をまとめていざ北海道へ。

     

    改めて思いましたが、飛行機がめちゃおっかないと気がつきました(汗)。

     

    新千歳空港に到着後、宿泊予定の千歳駅まで移動し、チェックイン。

    PCで仕事をこなしつつFacebookを開いたら、前入りしているご縁塾の仲間が近くで飲んでいる事を発見。

    アポ無しで突撃合流♪

    前入りしてゴルフコンペをしてた方達も含め前夜祭!

     

    飲み食いした後は、中村文昭さんのお誘いで千歳にある「らーめん みのり」へ。

    昨年の8/31にアホ会の西田先生のイベントで、みのりの大将「石崎さん」には

    お逢いしていた事を行ってから気がつき、「あ〜、繋がってるんだなぁ」なんて改めて思う日になりました。

    らーめん みのり大将石崎さん♪

    遅くまで皆で食べ飲みしてました。

     

    そんなこんなで、前日は参加する予定が無かったけれど、思い立って色々と動いたら、

    どんどん面白い事が起こった初日でした。

     

    二日目に続く

     

    ホームページ制作・コンサルティング

    株式会社トリプルダブル 成田大祐